派遣社員として働く

こちらでは、派遣社員として働くことを検討されている方々に向けて様々な情報を紹介しています。派遣社員として勤めるメリットとデメリットについて細かく考えてみましょう。

《派遣社員とは》

派遣社員というのは派遣会社(派遣元)と雇用契約を結んだ上で、派遣先企業に出向して働くというもの。実際に職場となる会社と、雇用契約の相手(給与を支払ってくれる会社)が異なるもので、現代では様々な業務に活躍しています。

かつては薬剤師のような責任ある職種に派遣労働者を用いることはできませんでしたが、2000年の労働者派遣法改正(規制緩和)によって認められるようになりました。

派遣社員のメリット

  • 正社員よりも働き口が見つかりやすい
  • 働く期間を決められるので、自由が利く
  • 勤務条件を選べるので、育児やプライベートとの両立が可能
  • 一般労働者派遣と異なり、派遣としては好待遇
  • 薬剤師なら、時給は2,000~3,000円に達することも

派遣社員のデメリット

  • 派遣社員の社会的地位が低い
  • 正社員よりも簡単に解雇されるため不安定
  • 収入面でも正社員の薬剤師と比較すれば低い
  • 薬剤師のキャリアとしても正社員より軽視されがち
  • 交通費は自己負担となる職場も多い

短期で稼ぎたい場合には有効!

まとめると、派遣社員の場合は全体的に自由が利く代わりに、待遇が悪いということになります。そのため、長期的に薬剤師としてのキャリアを積んでいきたい場合には不適と言わざるを得ません。

しかしながら、家事や育児と両立させつつ働きたいケースなど、フルタイムで働けないけれどアルバイトよりも責任ある仕事がしたい、という場合には非常に有用です。働く女性が家庭との両立を図りたい場合などには大きなメリットがあるスタイルですから、派遣社員というのも状況次第では素晴らしい制度となり得るでしょう。

パートより時給が高いのに、自由度は同じくらいあるわけですから、期間限定で働きたい方にとっては派遣社員は格好の働き方ですね。

派遣社員におすすめの職場こういった短期で働きたい場合、狙い目は皮膚科・耳鼻科の近くにある調剤薬局です。

皮膚科は夏・耳鼻科は冬だけ患者が大幅に増えるため、自然とその季節には近隣薬局の処方箋も激増するんですね。

となれば、調剤薬局側も季節限定の労働力を欲しているということになります。

ただ、一般労働者と異なり、薬剤師に対応している派遣会社は多くありません。有名どころだと、クラシスやリクルートスタッフィング、メディカルプラネットなどが挙げられます。

紹介予定派遣で転職!

また、普通の派遣社員ではなく紹介予定派遣というスタイルも存在します。これは、一定期間(最長でも半年)は派遣社員の身分で働くことになりますが、その期間が経過後に双方が合意すれば正社員または契約社員として雇用されるもの。

この場合ですと、正社員に昇格できる見込みがありますから、一般的な転職にも活用できます。大きなメリットとしては、正社員として就職する前に会社の内情を知れるので、転職先選びに失敗する確率が減ることが挙げられるでしょう。

薬剤師は派遣でも水準以上の収入!

薬剤師の場合、派遣であっても収入はそれほど低くならないケースが多いですし、一般労働者派遣とは異なり社会的なステータスも平均以上には見なされると思います。

派遣社員の収入具体的には、正社員が年収600万円もらえる状況で、ほぼフルタイムの派遣社員が400万といった感じ。だいたい、正社員の2/3くらいでしょうか。

一般労働者派遣の派遣社員が多くはワーキングプアに近い状況であるのと比較して、薬剤師の場合には派遣でも平均より高給を取れるのが特徴ですね。

ただ、かつては時給4,000円台の派遣薬剤師も多くいたのですが、最近では高くても3,000円台・平均は2,000円台後半というのが一般的になってきています。

これは派遣薬剤師が一般化したことで派遣会社にも価格競争が起こっていること(同じレベルの人材をより安い条件で提供する派遣会社のほうが、派遣先にとっては優秀な会社)や、単純に薬剤師のニーズが一時に比べて落ちていることが理由。

長期的な安定を図るなら、いかに薬剤師といえども派遣社員は考え物です。また、昇給・ボーナスといった面では正社員に大きく劣りますから、薬剤師としてのキャリアを積みたいのであれば正社員を探すほうがベターなのは言うまでもありません。