調剤薬局:在宅医療

こちらでは、調剤薬局の薬剤師が高齢者医療に参加していく将来を見据え、薬局で働いている薬剤師の新しい可能性について検討していきたいと思います。

在宅医療が基本となる未来

在宅医療高齢化が進む現在、高齢者を病院で療養させる余裕がなくなりつつあります。

医療費削減のために厚生労働省は病床数の削減を打ち出しており、積極的な治療を必要としない長期入院患者を自宅療養へ移行させようとしているからです。

明確な治療を必要とはしないものの、療養目的の入院が続いている患者。これが高齢者を指していることに疑いの余地はありません。

要するに、今後は高齢者の在宅医療が当たり前という時代に突入していくわけです。

在宅医療には何がある?

医療機関に行かずに自宅で受ける医療行為であれば、それは基本的に在宅医療になります。医師による往診も在宅医療ですし、訪問看護・訪問リハビリテーションなどもそうです。

要するに、現状でも医師・看護師・理学療法士や作業療法士による在宅医療は既に確立していることになります。であれば、ここに薬剤師が加わるのは時間の問題といえるでしょう。今後は、あらゆる医療従事者が高齢者の在宅医療に関わっていくことになるわけですから。

服薬指導~薬剤師による在宅医療

在宅医療「服薬指導」薬剤師に期待されている在宅医療としては、在宅での服薬指導が挙げられます。

高齢者には数多くの薬が処方されていることも多く、その管理は容易ではありません。そこで、入院中と同じように薬剤師がベッドの横まで来て、適切な服薬を指導するわけです。

そして、この服薬指導にはもう1つの隠れた目的があります。それは、高齢者を医療従事者の目に触れさせること。

薬剤師だって医療関係者ですから、会話の中から、あるいは様子から患者の状況を推察する能力には長けているはずです。薬剤師が高齢者の様子を見て、医師に診せるべきだと判断すれば、家族に助言することが可能になるでしょう。

こうして、少しでも多くの医療従事者が高齢者を気にかけ、基本的には在宅のままで安定した老後を過ごせるように尽力すること。そのために、薬剤師による在宅医療として服薬指導という在り方が存在するのです。

まだ実際に行っている薬局は少ないですが、徐々に増え始めているようです。ご興味がおありであれば、薬剤師の在宅医療について調べてみるのも良いと思いますよ。