行政機関:公務員の薬剤師

こちらでは、専門分野に特化した薬剤師の例として、行政機関で働く薬剤師について紹介しています。

薬局以外でも活躍する薬剤士の仕事とは?

薬剤師は、薬局や病院だけではなく、行政機関でもその資格を生かして活躍できます。

>>薬剤師の薬局や病院の求人情報を知りたい方はこちら

保健所で働く

保健所は、飲食関係の指導や薬物乱用などの防止をつかさどり、国民の健康維持に努める機関。また、医薬品の販売許可や劇薬の監視、保険統計の調査など、厚生労働省からの依頼で様々な調査をします。そんな保健所の仕事を細かく分けると以下のようになります。

  • 薬事衛生…医薬品や医療機器などの確かな有効性と安全性を得るために、製造施設の監視、許可、指導などを行います。このほか、献血推進や麻薬や覚せい剤の不適正使用などの防止にも尽力します。
  • 生活衛生…クリーニング店や理髪店、公衆浴場などの衛生管理指導、許可、監視業務などを行います。
  • 食品衛生…食品会社や飲食店など、食の衛生品質を向上、安全を確保するために監視業務や指導を行います。
  • 試験検査…食品に含まれている成分が適正なのか、また、食中毒菌の有無を調査します。
  • 水道衛生…水道業者の監視、プールなどの水を主に使用する施設の指導などを行います。
  • 廃棄物衛生…廃棄物取り扱い業者に対して、廃棄物の減量や再生利用などの支持・管理のほか、不法投棄対策なども行います。
  • 生活環境保全…管轄内の住民が快適に生活できるように、届出施設や土地、大気や水質を調査・監視します。また、騒音対策や悪臭対策も行います。

このように保健所と一言で言っても、仕事内容は多岐にわたります。

研究機関で働く

研究機関薬剤師が行政機関で働く場合、保健所や研究所に配属されることがあります。

たとえば、環境衛生科学研究所。

こちらでは、食品の残留農薬の調査や医薬品の品質検査などを主に行います。

麻薬取締官として働く

麻薬取締官麻薬取締官としての仕事も行います。

麻薬取締官、別名麻薬Gメンと呼ばれる彼らは、国家公務員です。厚生労働省にその籍を置くことになります。仕事内容としては、麻薬や覚せい剤などの医療上で有用な薬物の使用促進を図るとともに、不正使用される麻薬のルート解明などを調査します。非常に危険を伴いますから、時には拳銃を携帯する場合もあります。

各地域の情報センターで働く

薬事情報センターと呼ばれる施設が各地域にはあります。そこでは、薬に関する知識を、医師や薬剤師のみならず一般の方にまで提供します。薬剤師としての知識、情報を提供するスピードなどが求められる職場です。