薬剤師の給料ランキング

こちらでは、薬剤師の職種に応じた給料ごとにランキングを作成しています。

職種で変わる「給料」の差

多くの転職希望者は、労働環境・給料などの各種待遇を総合的に判断して転職先を決めているものと思われますが、中には「どんなに忙しくても構わないから給料を今より上げたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、このページでは環境・やりがい・ステータスといった要素を度外視し、純粋に給料の期待値だけで薬剤師の職種をランキング化することにしたわけです。

「とにかく給料優先!」という転職活動をお考えの方は、是非とも参考にしてください。逆に、総合的に転職先を選びたいという方は、薬剤師の職種ランキングをご覧になることをオススメ致します。

ちなみに、転職先として非現実的な製薬会社の研究職は除いています。(仮に入れれば1位ですが…)

第1位:調剤薬局

給料第1位「調剤薬局」 初任給目安 23万~
年収 450万~650万円
昇進・昇給の
難易度
容易
離職率 普通
初任給で、おおよそ23万以上が相場になっているようです。通勤手当・家族手当・住居手当などの充実した職場が多く、手取りが高くなりやすいのも特徴。

キャリア採用の場合、中には最初から50万程度の給料を提示してくれる職場もあります。このあたりは経験・年齢などによって変化するので一概には言えませんが、調剤薬局で管理薬剤師の経験がある場合などは期待して良いかもしれません。

将来的に管理薬剤師・店長と昇進していけば、さらに良い給料を取ることも夢ではないでしょう。小さな薬局では数名で運営していることも多く、年齢を重ねていけば昇進は比較的容易です。

>>調剤薬局の求人を探す

第2位:MR(製薬会社の営業職)

給料第2位「MR(製薬会社の営業職)」 初任給目安 23万~
年収 450万~800万円
昇進・昇給の
難易度
非常に困難
離職率 高い
こちらも、初任給から給料は高め。しかも、営業職なのでインセンティブがつくケースが多いでしょう。営業成績を上げていくだけの自信があるのなら、場合によってはMRがベストかもしれません。

ただし、完全に実力主義の世界ですから、売れなければ厳しい結果が待っています。売れない営業ほど惨めなものはありませんからね…。能力のある人限定で、高い給料を得られる仕事でしょう。

結果が出せなければ、いくら年齢を重ねても昇給は望めませんし、最悪クビを切られる可能性もあることはお忘れなく。

 

第3位:病院内勤務

給料第3位「病院内勤務」 初任給目安 20万~
年収 400万~650万円
昇進・昇給の
難易度
普通
離職率 やや高い
初任給は20万円前後となっている病院が多いようです。田舎のほうにある病院だと、もう少し給料が良いところも存在しているみたいですが、首都圏だと一般に調剤薬局より病院のほうが給料が安い印象。

仕事がキツイわりに、それが給料に反映されにくいということから、離職者も少なからずいるみたいです。病院の場合には薬剤師のトップまで昇進するようなことがあれば破格の給与をもらえる可能性もありますが、中途採用者がそこまで昇進することは考えにくいのが現実。着実に昇進・昇給を目指すなら、調剤薬局のほうが簡単です。

薬剤師の給料の平均

薬剤師そのものの推定平均年収は518万(ボーナス込)で、平均月収は37万円程度といわれています。(平成22年のデータ)

それを踏まえると、職種にかかわらず世の平均よりは安定的に高収入を得ていることは間違いありません。最終的には、昇給・昇進の可能性&離職のリスクを加味して選んでいくことが大切になるでしょう。

ちなみに平均勤続年数は男性で7.6年、女性で6.8年と短め。わりと転職する方が多いことも窺えます。この環境の中で長期的に働き続けることができれば昇進も夢ではありませんから、長く続けられる転職先を見つけることが重要ですよ。