薬剤師の転職サイトランキング

こちらでは、薬剤師の転職サイトをランキング形式でご紹介しています。

最も優れた薬剤師向け転職サイトをリサーチ

本当にオススメできる転職サイトはどれなのかを分かりやすくまとめたつもりですので、是非ともご参考にどうぞ。

せっかくですので、転職サイトを利用する応募者の立場だけでなく、転職サイトに自社の情報を掲載する企業の視点にも立って、双方向から最も優れたサイトを検討していきたいと思います。

第1位:医・薬・福祉求人NET

◆求職者視点での総合評価◆B+
おすすめ転職サイト「第1位:医・薬・福祉求人NET」 掲載企業の質 A
求人情報の数 C
面倒見の良さ A
NPO法人が運営していることから、掲載されている企業の質は文句ナシだと思います。どんな企業でも構わず載せているわけではないようです。また、ブランクのある応募者対象に事務研修を行ったり、新薬の勉強会を開催したりといった活動に積極的に取り組んでいるのも好印象。求職者には事前面談を行ってキャリアの確認・適性の洗い出しを徹底しており、面倒見の良さに関しては間違いなく国内トップだと思います。
◆掲載企業視点での総合評価◆A+
応募者の質 A
マッチング適正率 A
応募者の中に混じっている“ブランクがあったり実務未経験だったりする層”には研修を行った上で転職活動のサポートに入っており、応募者の質に関しては圧倒的な高さを誇ると思われます。
また、事前面談を行って応募者の適性を確認してから求人情報の紹介をしているので、社風・経営目標に合致した人材を推薦してくれること請け合い。むしろ、企業視点で見た場合のほうが、より高評価となる印象ですね。

>>医・薬・福祉求人NETの求人情報を見る

第2位:マイナビ薬剤師

◆求職者視点での総合評価◆B
おすすめ転職サイト「第2位:マイナビ薬剤師」 掲載企業の質 B
求人情報の数 B
面倒見の良さ B
キャリアコンサルタントを擁しており、きちんと相談の上で転職先の斡旋を行っているのが好印象ですね。ただ、キャリアコンサルタントがどれほど医療・薬事業界に通じているのかが不透明。
マイナビグループの知名度を活用して、企業の数・質ともに一定水準は確実に超えてきているように思います。後は、もう少し“薬剤師を育てる”といった方向性のサービスがあれば完璧なんですが…。
◆掲載企業視点での総合評価◆C+
応募者の質 C
マッチング適正率 B
キャリアコンサルタントが間に入って適性を見てはいるので、ある程度は資質を考慮したマッチングを行っているように感じます。ただ、何から何まで応募者の面倒を見てしまうせいか、あまりにも当事者意識の欠如した転職希望者がいるのも事実のようです。大手ゆえに、登録してくる人のレベルはまちまちですね。

>>マイナビ薬剤師の求人情報を見る

第3位:薬剤師転職ナビ

◆求職者視点での総合評価◆C−
おすすめ転職サイト「第3位:薬剤師転職ナビ」 掲載企業の質 B
求人情報の数 A
面倒見の良さ E
求人情報の量だけならば日本一ではないでしょうか。常時30,000を超える転職情報が掲載されているというのは群を抜いていると思われます。ただ、あくまでも登録者を人材会社とマッチングしているだけなので、特にサイト自体が面倒を見てくれるわけではありません。
◆掲載企業視点での総合評価◆C
応募者の質 C
マッチング適正率 C
サイト側では何らマッチングは行われておらず、提携している人材紹介会社に登録するだけ。ですから、最終的に転職者と企業の間で適正なマッチングが行われるかどうかは、取り持ってくれた人材紹介会社によりけり。どうしても運任せの部分が出てくるのは否めません。

>>薬剤師転職ナビの求人情報を見る