製薬会社(MR)の求人

こちらでは、製薬会社に勤務したい方向けの求人モデルケースを紹介しています。あわせて、製薬会社勤務(特にMR)のメリット・デメリットなどについても触れていますので参考になさってください。

【製薬会社MRの求人モデルケース】

◎求人モデル1/日医工株式会社
日医工株式会社 給与 当社規定による

※参考給与
・大卒:191,450円
・院卒:201,250円
賞与・昇給 ・賞与:年2回
・昇給:年1回
各種手当て ・役付手当
・家族手当
・通勤手当など
多忙を極めるイメージの営業職にしては、好待遇という印象があります。手当もしっかりしていますし、何より休日が多い。年間休日が123日もある営業職は珍しいのではないでしょうか。
転職をお考えの薬剤師さんであれば院卒の方は少ないでしょうから、基本的には大卒の給与で考えることになります。
実績によるインセンティブ・昇給などについて事前に細かく確認したほうが良いような気がします。
所在地 本社:富山県富山市
ただし、生産拠点は山形・愛知・埼玉にも存在
待遇 社会保険完備
年間休日・有給休暇 ・完全週休2日制(土日祝)
・年末年始休暇・夏季休暇
・年間休日数:123日(2006年度実績)
・年次有給休暇有
・慶弔休暇など
◎求人モデル2/アステラス製薬
アステラス製薬 給与 ・学部卒:220,000円
・修士了:244,000円
賞与・昇給 ・賞与:年2回
・昇給:年1回
各種手当て 通勤費:全額支給
国内最大手の1つアステラス製薬。待遇面は細かい情報が書かれていませんでしたが、最大手ともなれば劣悪というようなことはないと思います。
参考として記載されている22万の給与は新卒者のものなので、MRの経験がない場合には新卒者とほぼ同額からスタートになる可能性もありますが、中途の場合には実績・経験が考慮されるでしょう。ネームバリューは素晴らしいので、実際に働くまでの求人倍率は高いでしょう。
所在地 本社:東京都中央区
他に事業所・研究センターが全国に存在
また、国内外にグループ会社を展開
待遇 記載なし
年間休日・有給休暇 ・事業場外みなし労働制
・完全週休2日制(土・日)
・年末年始・夏季休暇など
・有給休暇有
・社会保険完備

製薬会社の研究職は非常に難しい…

製薬会社で研究職に就きたいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、これは超難関であることを知っておいてください。基本的に、製薬の研究職は国公立大学院(特に旧帝大)の博士課程・修士課程から新卒で入るものです。私大大学院だと慶應・東京理科大などのトップレベル出身者に限られます。学部卒で採用される人というのはまずいませんし、中途採用も普通はありません。(ヘッドハンティングなどを除けば)

要するに、一般的な求人が出るような世界ではないということになります。そもそも、研究職の場合には薬剤師の資格も不要ですし、薬学部ではなく理学部の化学科などから入ってくる人も少なくありません。いわゆる薬剤師の仕事とは大きく異なった世界になります。

製薬会社で働きたいなら、MRの求人を探すのが現実的

MRというのは医薬情報担当者の略称で、医療従事者に医薬品の有効性・品質・安全性などの情報提供を行う仕事になります。ただ、情報提供といえば聞こえは良いですが、実際には医薬品の営業を行うのが仕事です。

要するに、MRというのは製薬会社に属して“自社医薬品の営業担当となる”ということを指します。製薬会社で働くことに強い意欲を感じているなら選択肢の1つに考えても構わないでしょうが、薬剤師とは関連の薄い“会社員の営業”であることを認識した上で求人に応募するようにしてください。

MRに薬剤師の資格は不要なので、本当に適職か吟味

会社の営業担当でしかないMRに薬剤師の資格は必要ありません。誰がやっても良いことになっています。実際、薬品に関する知識よりも営業能力のほうが重要ですから、理系出身である必要性さえ無いのです。事実、製薬会社MRの50%くらいは文系出身者。

こうした事情から、薬剤師の資格・スキルを生かしたいのであればMRは不適です。薬剤師資格を活用する仕事をお探しであれば、調剤薬局の求人・病院勤務の求人を狙うほうが良いでしょう。

MRには将来的な不安もつきまとう…

かねてより、製薬業界はグローバル化の波に飲まれて衰退する危険性を指摘されています。日本国内でトップクラスの製薬会社であるアステラス製薬やタケダ薬品ですら、世界の中ではトップ10にも入っていないのが現状。ファイザーなどの世界的なトップメーカーが日本に続々参入している現状を考えても、あまり先の明るい業界とはいえないのです。

ましてやTPP参加が取りざたされている今、国内製薬メーカーのMR(会社員)になることが賢い選択なのかどうか。このあたりは慎重に吟味する必要があるでしょう。