病院内勤務薬剤師の求人

こちらでは、病院内勤務の薬剤師として働きたい方向けに、実際の求人モデルケースをご紹介しています。病院内勤務という業種自体のメリット・デメリットといった情報もあわせて掲載していますので、是非ご覧ください。

【病院内勤務薬剤師の求人モデルケース】

◎求人モデル1/医療法人:保養会「竹丘病院」
医療法人:保養会「竹丘病院」 給与 228,300円~
賞与・昇給 ・賞与年2回
・昇給年1回
各種手当て 通勤手当支給
こちらのケースに限らず、一般的に病院勤務では各種手当があまり公開されてないことも多く、住宅手当・家族手当など、応募前に細かく問い合わせておいたほうが無難です。
また、3年働くと有給が取得できます。
所在地 東京都清瀬市
待遇 ・社会保険完備
・退職金有(3年以上の勤続者のみ)
・車通勤OK
年間休日・有給休暇 ・夏季休暇
・年末年始休暇
・有給休暇(3年間経過した時点で20日付与)
◎求人モデル2/独立行政法人国立病院機構「宇多野病院」
医療法人:保養会「竹丘病院」 給与 178,200円(4年制大学卒)
200,800円(6年制大学卒)
賞与・昇給 ・昇給有
・賞与:年2回
各種手当て ・地域手当有(基本給+扶養手当の10%)
・通勤手当有(公共交通機関:定期券・回数券の額面 車通勤:距離に準じる)
・住居手当有(最大27,000円)
・扶養手当有(配偶者13,000円・子6,500円)
・超過勤務手当有(勤務実績に応じて支給)
手当が付かないことも多いと言われる病院勤務ですが、こちらのケースは例外的。非常に手厚い手当が約束されていることは大きなプラスだと思います。
また、年次有給休暇が最初から20日付与されているのも嬉しいですね。
4年制薬科大出身者の場合20万前後で、6年制出身者は20万を超える基本給。経験者の場合にはもう少し考慮されます。
不況が続く現在、それほど高い給与でないですが手当がしっかりしているところが魅力です。
所在地 京都府京都市右京区
待遇 ・退職金有
・社会保険完備
年間休日・有給休暇 ・年次有給休暇(20日)
・夏季休暇(年3日)
・忌引
・結婚休暇等の特別休暇有
・育児休業
・介護休業等各種休業制度有

>>実際の求人はこちらで探せます

病院内勤務志望の薬剤師は多い!

実際、薬剤師の有資格者で資格を生かした働き口を求めている方の場合、病院内勤務の求人を探されているケースが多いようです。

医療従事者として、大きな責任とやりがいをもって働きたいのであれば、病院での仕事を求める気持ちも良く分かります。しかしながら、病院勤務には独特のデメリットも多く存在し、漠然とした憧れだけで勤まるものではないことも知っておくべきでしょう。

病院内勤務の薬剤師には早期離職もちらほら…

病院勤務となった薬剤師には、想像と違う現実に耐えきれず早期離職する例も少なからず存在します。そういった道へ進んでしまわないためにも、事前に病院勤務のデメリットについて知っておくことは大切でしょう。

デメリット1.医師に見下されていると感じる人も多い

すべての医師がそんな性格をしているわけではありませんから、中には思い込みもあるのでしょう。しかし、こういった心理的苦痛を訴えて辞めていく薬剤師も少なからず、いらっしゃいます。

実際に医師と薬剤師のどちらに問題があったかはさておき、病院はあくまで医師を中心に構成される職場。看護師や薬剤師は医師をサポートし、医師の指揮下で働くために存在する役職であることは間違いありません。

あなたに、その事実を認めて医師の手足となるだけの覚悟はあるでしょうか?厳しいようですが、病院内で働くためには必要な覚悟だと思います。

デメリット2.家賃手当などが出ないことも多く、手取りが少ないケースも

多くの薬剤師が手取りの少なさに困っているようです。病院では住居手当・扶養手当などの制度がないことも多く、思っているより手取りが少ないケースも珍しくありません。

何となく堅実なイメージがある・薬局より聞こえが良い、といった理由で病院内勤務を希望されている方は、考え直したほうが良いかもしれませんよ。

デメリット3.調剤薬局と仕事内容はほとんど同じ

別に病院だからといって高度な仕事・やりがいのある仕事が待っているわけではありません。基本的に調剤薬局と同じ仕事内容です。むしろ、夜勤などが起こりうる分、普通の薬局より待遇は劣ると考えたほうが正確です。

しかも、上司・責任者は同じ薬剤師ではなく医師になりますから、どんなに仕事が大変でも同じ立場で同情・共感してもらうのは難しいでしょう。

以上を知っても、なお「病院で患者のために働きたい!」という強い決意が揺るがないならば、あなたは医療従事者の鑑です。是非とも、病院勤務で多くの患者さんにお薬を提供してあげてください。

辛いことがあっても、その試練をやりがいへと昇華できるだけの精神力があれば、きっと充実した毎日を送ることが出来るはず。

患者さんの回復を見るためなら、どんな苦労も厭わない。そう言い切れるような“真の医療従事者”を、多くの病院が求めているはずです。

ドラッグストアの薬剤師の求人について

薬剤師として働いているけれど、職場に満足していなかったり、悩みがあるといった方は意外と多いのではないでしょうか。もちろん、転職することが必ずしも良いとは言い切れません。しかし、実際に転職をするかどうかは別として、現状の薬剤師についての転職事情を知っておくことに損はないでしょう。

こちらのコンテンツではドラッグストアの薬剤師求人をご紹介しています。ドラッグストア薬剤師に関するコンテンツが満載です。ぜひご覧ください。⇒ ドラッグストア薬剤師求人ガイドはこちら

>>今現在の求人情報を見てみる