病院からドラッグストアまで、薬剤師の求人情報完全ガイド

病院・調剤薬局・製薬会社・ドラッグストアまで、薬剤師の求人情報を紹介しています。

病院からドラッグストアまで、薬剤師の求人まとめサイト

多くの薬剤師が医療現場で活躍する中、もっと自分の活躍できる場所を探しているあなたにお届けする「薬剤師の求人情報完全ガイド」。”年収アップ”や”産後の仕事復帰”など、転職にまつわる多くの成功事例を紹介していますので、是非参考にしてください!

院内勤務で働きたい

やりがいは大きいですが、過酷な労働環境に早期離職者も…

院内勤務で働きたい

病院内で院内処方・薬の調製を行う院内勤務の薬剤師。患者さんと直接関わる機会もあり、医療従事者としての達成感はありますが、非常に負担の大きい職場環境であるようです。医師を中心に回っている病院は、薬剤師にとって完全にアウェーという意見もあり、続けられるかどうかは根性次第。転職先として選ぶ場合には、細かな情報収集が必須です。

調剤薬局で働きたい

薬剤師としての達成感&労働環境を比較的両立しやすい

調剤薬局で働きたい

薬の調剤という薬剤師の独占業務に携わることが出来るため、薬剤師としての達成感を求める方にはオススメ。給与面・福利厚生も充実していることが多く、転職先としては安定しているでしょう。薬剤師だけの職場ですから、薬剤師の働きやすさを最優先しているのが大きなメリット。長く働いていくつもりなら、もっとも馴染みやすいのではないでしょうか。

製薬会社で働きたい

研究職は困難…MRとしての転職なら可能でしょう

製薬会社で働きたい

製薬会社のMRは、実質的に薬の営業をかけるお仕事になります。薬学の知識を活用する機会には恵まれますが、薬剤師の資格は必須ではありません。営業職としての性格が強いため、文系出身者も多く活躍しているのが特徴。向いている人には良いかもしれませんが、薬剤師ならではの職種とは言い難い面があるでしょう。また、営業には独特の辛さがあるため、向いていない人には地獄かもしれません。

ドラッグストアで働きたい

労働環境は良さそうですが、登録販売者の登場で職域が減少…

ドラッグストアで働きたい

こちらも薬局と同様に薬剤師が中心となる職場ですから、労働環境は良好になると思われます。ただ、登録販売者という資格の登場で、薬剤師でなくても薬を売れる今、活躍の場を見つけることが難しくなりつつあります。また、調剤を伴わない販売業ですので、薬剤師の資格を全面的に生かしているとは言い難い部分も…。やりがいを求めるならば調剤薬局のほうが上かもしれません。

薬剤師の求人 何でもランキング

薬剤師の転職にまつわる情報をランキング形式で公開!

こちらでは、薬剤師が転職する際に気になる様々な問題点をランキング形式で分かりやすく比較検討しています。職種別ランキングでは、病院勤務・調剤薬局といった職種ごとの待遇を比較。また転職サイトランキングは、数ある薬剤師転職サイトから最も優れたサイトを選出しています。
薬剤師の資格を生かして、できる限り良い条件で働きたい皆さんのために、あらゆる方法を駆使して収集した情報を公開していますので、是非ともご参考になさってください。地域ごとの格差や将来性・給料だけを強引に比較したランキングなどもありますので、取り入れる部分は取り入れ、読み流す部分は読み流す感じで、楽しみつつお読み頂ければ幸いです。

職種
  1. 調剤薬局
  2. 製薬会社(研究職)
  3. 病院勤務
転職サイト
  1. 医・薬・福祉求人NET
  2. マイナビ薬剤師
  3. 薬剤師転職ナビ
地域
  1. 東京都多摩西部
  2. 茨城・栃木・千葉(房総エリア)
  3. 東京都多摩東部・神奈川・埼玉
給料
  1. 調剤薬局
  2. 製薬会社(MR)
  3. 病院勤務

失敗?成功?薬剤師の体験談まとめ

転職経験者から珠玉のアドバイス!

転職は、人生の中で何度も経験することではないと思います。新卒で入った会社で定年まで働く人も珍しくありませんし、転職する場合でも1回か2回が普通でしょう。となると、人によっては周りに転職経験者がいないというケースも考えられます。少なからず転職経験者がいたとしても、その中に薬剤師が含まれている可能性は低いと言わざるを得ません。
そこで、少しでも精神的な不安を緩和するために、転職に成功した薬剤師の皆さんによる体験談を掲載しています。年収が大きくアップした例・薬剤師としての在り方を考えた例・長いブランクを克服した例…さまざまな状況から転職に成功した方がいます。
これらをお読みになり、是非とも前向きな気持ちで転職活動をスタートさせて欲しいと思います!